関東地震を予測することで得られるメリット

大地震発生の前兆を知る

ウーマン

巨大地震への万全の備え

関東地方南部は相模トラフと呼ばれるプレート境界近くに位置しているため、過去にもたびたび巨大地震に襲われてきました。大正12年に発生して大きな被害をもたらした関東大震災はその代表的な例ですが、そうした関東地震は数百年周期で繰り返し発生してきたと考えられます。前回の関東地震からすでに90年以上が経過し、次はいつそのような巨大地震が起きるかわからないのが現状です。現在ではさまざまな測定データを分析することで巨大地震の発生を数週間前に予測する科学技術も進歩しており、地震予測サービスとして提供されています。地震予測サービスの会員に登録すれば、最新科学技術によって分析された予測情報をスマートフォンアプリやメール配信などの形で受け取ることができます。実際の地震発生を感知して警報を鳴らす緊急地震速報と異なり、このような地震予測サービスは具体的な地震発生時刻までは判明しないものです。しかしながら地震発生の数週間前でも予測ができていれば、防災グッズの準備や避難経路の確保など命を守るための準備に役立てられます。このような地震予測サービスでは測定されるデータの種類や解析技術がそれぞれ異なっていますが、さまざまな種類の電磁波を受信する例が多いものです。大地震の起きる数週間前には地殻に蓄積された歪みと岩石破壊による特有の電磁波が発生するため、ラジオ等にノイズが混じります。そうした微かな兆候を捉えてデータを分析することで、従来は難しかった短期的な地震予測も可能となっているのです。関東地震に備えた地震予測サービスを利用する際には、より豊富なデータを使って分析している研究機関を選ぶようにするといいでしょう。測定される電磁波にも周波数域によって多くの種類があるため、複数の電磁波を測定するほど精度が高くなります。関東地震は日本の経済に大きな影響を与えかねないため、地震予測の技術もトップクラスの水準にあるのです。

震災時のSNS

地震

大地震が次はどこで発生するか度々予測されていて、日頃からご家庭で備えている方も多いとおもわれます。家族の安否情報の確認の仕方や住んでいる地域のハザードマップの確認などと一緒に、SNSなどの便利なツールの活用も必要です。