関東地震を予測することで得られるメリット

危機回避をしよう

地球とグラフ

なぜわかるのか

地震は自然に発生するもので、予知や予測は大変難しいものです。現在では技術が発達して地震もある程度は予測などが機械などで可能になっています。しかし、今現在でも完全に予知することはできていません。もちろん未然に災害への準備は可能ですが、具体性に欠けて準備を怠っている人が大半です。そこで地震の予知に関しては、いろいろな前兆があります。もちろん完全には当てることは不可能です。しかし、全て実際に起こったことから予知を作っていますので、非常に信憑性があります。例えばクジラの打ち上げなどはいい例です。東日本大震災の前にもクジラが日本のみならず世界の海岸に打ち上げられていました。もちろん、これは人類が何かをしたというわけではなく、自然に発生したことです。そしてその後東日本大震災が起きました。地震の前兆としては、かなり動物などの異変は多く報告されていて私の家の犬も少し様子が変でした。何かを怯えているようで、餌をあげてもあまり食べなく変でした。生き物の感が地震を未然に予知しているのかもしれません。他にも大地震が発生する前には特別な雲が出現したりします。これは普段見ることがめ滅多にない雲で、いずれも大災害の前に出現しています。雲も地震も自然現象です。同じ自然現象同士が共鳴しあっているのかこのような現象が起きています。これらはあまり科学的な根拠がないものです。普通に考えて、地震自体はプレートのひずみの限界が達したときに起こるものです。ですから、ひずみが大きいプレートの近くの県などはもう少しで地震が来ることを予知することが可能です。また気象庁などが発表している、地震情報などを頼りにしていつくるか自分で予知することも可能です。